秋田県男鹿市の小さなアクアショップの店長のブログです。


by ichinama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

アクアショップの新規開業を考える その7

今日も暑い。第2店舗整理は中止です。
だいぶ用品の場所も把握でき、後は並べて値段をつけるだけです。9月中旬には何とかなりそうです。で9月中旬に某メーカーの営業さんと問屋の担当さんが商品陳列に来てくださる予定ですが!そのとき某めーかーの営業さんが邪な考えをしなければいいのですが(自社製品を一番良い場所に展示)w
↓当店で絶賛販売中のL字フック。水槽背面にかけて使います。
a0193105_13384633.jpg

私の経験実話ですが、当店は小型生体を中心に始めたのですが、商売的には大型魚の方が、入荷したときのインパクト、個体1匹あたりの管理、1匹あたりの売り上げ等が魅力的で、気が付くといつの間にか大型魚メインの店になったこともありました。
この傾向は当店だけでなく、到る所で耳にする事例です。小型魚や水草メインのつもりが、大型魚か海水魚メインに気が付くとなってしまっていたと。

俺はそんなに優柔不断じゃない!大型魚Or海水魚メインでやるからOK、と思われた方も居ると思います。
具体的な例。店頭販売価格で20万円分仕入れるとします。
小型魚だと種類は沢山仕入れることが出来ます。しかし、アピスト1Prが売れても3K~6Kです。
ネオンテトラは10匹売れて0.3K~1Kです。資金が少ないときは、販売価格20万円分の仕入でも気持ちが焦ります。
それが、大型魚だとポリプ(当店開業当時はエンドリが大人気で1匹7K~14Kでもばんばん売れてました)1匹で10K前後になり、紅尾金龍が売れると60K前後でしたので、最初の頃はすぐに仕入を回収出来ていて、気が付くと最初の心ざしとは違う店舗になっていました。
小型美魚やアピストやグッピーが売れなかったわけではなく、採算効率に流された仕入になってしまっていました。
↓固定したL字フックに、寂び石を置くだけで ラピュタです。
a0193105_1339205.jpg

開店当初は、大型魚や海水魚が効率よく感じますが、落とし穴で大型魚や海水魚を求める方が無限に居るわけではありません。大型魚は寿命が長くロスも少ないのですが、お客様の需要がいつの間にか激減してしまいます。海水魚は店的にロス幅が大きいく、またお客様の需要人数も淡水魚、金魚等に比べ少ないです。

当たり前の話ですが、常連のお客様はもちろん大事ですが、常に毎日新規お客様を開拓するためにどうしたらよいのか、何度もお客様に足をはこんでもらうためにはどうしたらよいのかと、考える事(私はこれも接客の延長と思っています)を忘れては地獄を見ます。
具体的には、最低でも数ヶ月に1回展示水槽のレイアウト変更や定期的なイメージチェンジ等は効果的です。
一ヵ月後、半年後、1年後、2年後、いつ行っても同じだとお客様の足も遠のきます。
生体仕入もその通りです。
店舗開業当初は、夢と希望で一杯で、色々な魚種、レアな種類も色々仕入れます。しかし、いざ開業して売れない魚種が色々出て、前記の様に、
気が付くと売れるもの、回収効率のよいものばかりを仕入れてしまいがちです。
↓詫び草や寂び石を置くだけでビバリウムの完成です。
a0193105_1339476.jpg

ふと水槽を見ると、いつも同じ種類しか居ない店に(新鮮味の無い店)なってしまいがちです。
だって、売れたものを補充してれば、仕入が楽なんですもの・・・。仕入れる時の注文書作成は私が考えるのが下手なのか、凄く時間がかかります。約半日悩むこともざらです。取り合えず予算を決めて、リストを見て入荷魚の選定、その後仕入金額計算、でまた仕入魚選定、購入金額計算、予算オーバーしたら、購入魚を減らすための選定や数量変更、永遠とその繰り返しです。
種類によっては、そのときに購入しないとしばらくまたリストに載らない種類も居るので、またまた悩むの繰り返しです。新しい種類をどう導入するかが鍵です。久々の入荷だと、あれ?以前は売れるまで時間がかかったのに!という種類がすぐに売れたりします。
で、調子に乗って何度も仕入れてると・・・あれれ?売れずにいつの間にか水槽から消える羽目になります。
↓ほ~らラピュタでござる。空島でござるよ^^L字1個1,500円で販売中
a0193105_13401576.jpg

寿命の短く繁殖を楽しむレア種等は、こだわりのお店を目指すなら重要なアイテムだと思います。
とにかく売れなくても、子供を取り又ブリードしていれば仕入ロスは無いです。管理費はかかりますが。
逆に、基本店頭ブリードまで手が回らない方は、寿命の短いレア種(繁殖を楽しむ種類)はほどほどにした方が良いと思います。ロスが酷いです。

経験上あれもこれもと手を出すと、私のように手が回らず、いまだに正式再リニューアルオープン出来ない最悪な状況になるので、店舗計画は計画的に!です。私の場合この文章を書いていて、反省しかないです><

ランキングで5位以上に入りたい野望があります^^
↓1日1回是非是非「ポチットな!」していただけると嬉しいです^^
人気ブログランキングへ

↓こちらも1日1回是非是非「つんつくつん!」していただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
にほんブログ村
[PR]
by ichinama | 2011-08-30 13:48 | ショップ開業を考える