人気ブログランキング |

秋田県男鹿市の小さなアクアショップの店長のブログです。


by ichinama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ヒーターは沢山有るけど何を買えばいいの!おまけのおまけ

本日は木曜日ですが祝日なので営業してますのでカモンです。
なんだかんだと、生体がいろいろ売れました^^感謝感謝
生体が一気に寂しくなりました>< 感謝感謝
↓一番寂しくなった水槽 ビフォー ダト2匹 パロット2匹
ヒーターは沢山有るけど何を買えばいいの!おまけのおまけ_a0193105_13461324.jpg

↓一番寂しくなった水槽アフター パロット2匹だけど何じゃこりゃw
ヒーターは沢山有るけど何を買えばいいの!おまけのおまけ_a0193105_168296.jpg

おもちゃじゃない活きてるスラウェシ島の小型淡水カニ
↓ビバ苔リウムで戯れるマンダリンクラブとバンパイアクラブ
ヒーターは沢山有るけど何を買えばいいの!おまけのおまけ_a0193105_13463866.jpg

ヒーターのおまけのおまけの話
お客様と話していて耳にするのが、
「ヒーターのゴムにひびが入ったけど使えますか?」
「うち毎年ヒーターにヒビはいるけど、どうしたら良いですか?」です。
↓とりあえず当店で使用してる交換用ヒーター
ヒーターは沢山有るけど何を買えばいいの!おまけのおまけ_a0193105_247369.jpg

↓このゴムにヒビが入る(ヒビ入ってるヒーターが当店には無いので、頭でイメージしてください)現象ですが、理由は簡単でゴムは最初は油分を含んでいますが、長期間水中にあることで、油分が抜けて他ところに水分が浸透してその姿を保っています。ゴム部分にヒビの入ったヒーターは使用しないでください。キケンがいっぱいです。
ヒーターは沢山有るけど何を買えばいいの!おまけのおまけ_a0193105_2472342.jpg

数年間水槽に入れていても、そんなにゴムにヒビが入ることはありませんが、夏場から秋にかけてヒーターを水槽から取り外すと、その間に水分が無くなり、その形状を保てなくなりヒビが入ります。いったんヒーターを水槽から出したら、使うときにヒビが入ってることが多いのはそのためです。
ヒーターは沢山有るけど何を買えばいいの!おまけのおまけ_a0193105_2473943.jpg

基本は水槽を稼動してる間は、ヒーターははずさず、夏場気になるならコンセントをはずして、秋口に又コンセント接続したほうが、夏場にヒーターをはずすより長持ちします。
どうしてもヒーターをはずさないといけない場合は、水槽からはずしたとき、ゴムの部分にワセリン等をぬり、その部分をラップで包むとゴムの劣化は遅くなります。要は油分の抜けたゴム部分を乾燥させないようにします。
ワセリンは基本影響が無いですが、心配ならワセリン塗って保管していたヒーターを使うときに軽くキッチンペーパー等でふき取ってから使ってください。
当店では、中古外部ろ過を販売するとき、ゴムパッキンは其の方法で処理して販売してます。↓朱色の輪がゴムのOリングで、ワセリンを処理(ぬりたくって)してラップで包んでる状態。
ヒーターは沢山有るけど何を買えばいいの!おまけのおまけ_a0193105_16492241.jpg

基本、中古大好きの私ですが、中古ヒーターの販売は絶対しないし、個人的にお奨めもしません。

明日も皆様のご来店をてぐすね弾いて、あり地獄のようにお待ちしています。

↓1日1回ポチッとしないと、な魔太郎が逆恨みしますよ^^  
人気ブログランキングへ

↓こちらも1日1回ポチッとしないと、な魔太郎が逆恨みしますよ^^
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
by ichinama | 2011-11-03 17:27 | 店舗商品紹介