秋田県男鹿市の小さなアクアショップの店長のブログです。


by ichinama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

激アツ!?秋田の熱帯魚屋事情

今日は昨日の魔の土曜日と、天国の日曜日が入れ替わってますw

でも今日ご来店されたお客様全てに感謝感謝です^^

毎月23日発売の秋田県のタウン誌「あっぷる」さんの
↓4月号に当店の店舗紹介記事が載りました^^
a0193105_2181844.jpg

今回のお話は、ショップ開業を考えられてる方は、1つのパターンとしての例と捉えてください。お店の数だけ、様々な戦略や考えありますから。

いすべより効果があるのか?今から「オラ!なんだかワクワクしてきたぞ!」
いすべと言えば、ミスをしてしまいました。
当店は秋田で一番安い通常販売価格を目指してるのですが、
ブログやあっぷるさんでは注意書き?として、
「他店様の特価品、目玉品、処分品は除く」と記載してるのですが、
いすべには記載漏れしてました><
当然いすべしか見ていないお客様は注意書きを知りません。

最近「他店では○○は○○○円で売ってるよ」「○○あそこでは○○○円で販売してるけど、いちなまそれより安くなるんでしょ?」「あそこ凄く用品安くして頑張ってるからいちなまも気合見せた方いいよ」
と、言われます。来客数も凄く増えてるので色々なご意見を前以上に聞けて参考になります。常連様や当店を気に入って他店にあまり行かれないお客様からは聞けない情報です。
こういう情報はとても感謝感謝感謝です^^
a0193105_2184076.jpg

詳しくお話を聞くと、お一人様1個限定で、私でも目玉が飛び出る価格で販売しています。最初は当店で値引き交渉するための、値段?俺耳糞詰まってるの?と思ってしまったくらい激安価格です。
どれも、通常仕入れを無視した、そのお店の心意気を感じさせる、魂と気合が入ってる価格です。

凄い!の一言です。
通常販売価格秋田一を目標にしてる当店ですが!追随はしません。お客様てきには追随して欲しいと思いますが、今私が出来ることは通常販売価格で、いつご来店されたお客様でも、安心してお買い物ができる様に価格の追求路線で当店は頑張ります。買い物トータルで秋田最安値です^^

人がいるだけ様々な考えがあります。
お店の数だけ、販売価格の付け方の考えも有ります。

当店の基本は、ご来店されたお客様全ての方に、平等な価格とサービスです。
でも、1,000円お買い上げのお客様と、30,000円お買い上げのお客様に
同じおまけはつけれませんが><
でも、常にお買い上げ金額関係なく、こんな僻地のお店にご来店されたこと自体に常常、感謝感謝の気持ちで接客しています。

その気持ちが毎日のブログでの恒例挨拶「感謝感謝」につながっています。

↓昨日入荷したブセファンドラSP達
a0193105_21131796.jpg

他店様の激安限定価格を当店でも追随して付けると、実は歪が出ます。

他の販売業種ももちろん運営経費がかかりますが、熱帯魚店ですと、照明、暖房、冷却のための光熱費が半端じゃないです>< 当店は照明のためのアンペアだけで80A使ってます。
経費削減のために、お客様がご来店されるまで照明を消して、ご来店の度に水槽照明点灯も考えられますが、それをすると、熱帯魚の本来の落ち着いた綺麗な発色が楽しめません><

店舗運営経費はどこから出てくるか?売上の粗利から出ます。

それぞれのお店で価格付けの時のルールがあります。
仕入れに対して最低これだけは利益をいただきたいという数字を基本に価格を決めています。

もちろん当店の激安通常販売価格ももちろん、店舗運営費を加味した価格になっています。だってボランティアじゃないんですもの。仕事ですもの^^

仕入価格を無視した販売価格はとにかくお客様には魅力です。
すごく簡単で、集客効果も絶大な私には禁断の手段です。

売れば赤字では、その価格の継続はおろか店舗継続さえ無理が出ます。ではどこから利益をとるか?

簡単です。他の商品にその赤字分+その商品で得られたであろう利益を載せるだけです。

Aさんの買う商品は赤字で売って、Bさんの買う商品には通常利益のほかに、Aさんの赤字分+未回収利益も載せた価格で販売して損失分補填です。
でもそれでは、平等なサービスでは無くなってしまうので私には出来ないです。
熱帯魚店だと簡単なのは生体販売価格に上乗せです。

私の方針は、ご来店されたすべての方に感謝。
感謝=サービス(感謝の気持ちを価格、接客でお返し)

でも、客引きのための赤字商品を店舗で出したら、平等販売は無理です。
平等販売ができない時点で、お客様に対して後ろめたさが出てしまいます。
私が後ろめたい気持ちになって接客したら、それこそ、出会ったことへの感謝、お持て成しの気持ちに反します。

↓昨日入荷したブセファンドラ達その2
a0193105_21135647.jpg

と、偉そうなことを言っていますが、当店でも持て余した商品は捨値で販売してます。捨て値をつけるときは、もうこの商品を仕入れないし、勉強代考えて赤字を出します。でもその商品の赤字文を他の商品で補うのではなく、純粋な損失として計上しています。
捨て値に見えてきちんと利益をいただいてる商品がほとんどすがw
それは仕入れの努力なので、努力はプライスレスです。ただです。
お客様の負担にならない(他の商品に上乗せ補填をしない)事なら、
商売人として喜んで、いくらでも仕入れを下げる努力はします。

お客様を称えて、メーカー様問屋様には泣いてもらうのです^^

でも、どんな方法であれ、その店が決めた方針なので、それはそれで正解な方法です。今の時代はいかにお客様にお店まで足を運んでいただけるか!です。

足を運んでいただいたお客様がまたなんどもリピート来店していただくために、
サービス面をしっかりしていかないといけないです。

秋田の他のお店様が、様々なアクションをお越してくれるおかげで、
うちもさらに頑張らないと!と励みになります。

どんどん他の秋田のお店様もアクションを起こしてくれると、少し停滞気味のアクアという趣味の活性化にもなります。
お客様のためになる競争ならもっともっと、どんどんお互いあの手この手で競争して、それぞれが切磋琢磨して店舗のサービスレベルの向上になるので、いまは凄く気持ちが充実して、燃えてます。
お客様がご来店されると気持ちは萌えますが^^

最近当店だけ頑張ってると、勘違いしていたので、すごくいい刺激になっています。
様々なアクションを起こしてるお店様方々にも感謝感謝大感謝です^^

うちもさらにがんばりますよ~^^
販売業とは、お客様との真剣勝負なのです!
食うか食われるか!生死(財布の中のお金w)を賭けた戦いなのです。

もちろん、特価品、限定品、処分品も随時ご用意しております^^
もちろん、特価品、限定品、処分品の損失を他の商品価格に上乗せしたりしません。

今は不景気のど真ん中ですから、あの手この手で集客を考えないと駄目です。
一昔前は、路面店の専門店の最大のライバルはホームセンターでした。
今はさらに、ホームセンター+通信販売店とライバルが更に増えてます><

いかにこの強大なライバルたちと戦っていくのか、思考を止めてはいけないと思います。

私は「安い店(ホームセンター等)で買って、うちの店でその商品のこと聞くんだ」「だって、ここ高いから・・・・」
という会話が大ッ嫌いなので「ホームセンターとか高いところで買って、安い当店でその商品の事きくんだ?」
とホームセンター等で購入した商品の質問をされた時は答えてます。
そのためにも、通常販売価格を秋田一番店にするように日夜、メーカー様問屋様と戦ってるのです。

そんなソルジャーないちなまの心を癒してくれるのが、
お客様のご来店です。「洗脳ちゃんす!」明日も沢山のご来店お待ちしております^^

↓1日1回ぽちっとな!お願いですぅ^^  
人気ブログランキングへ

↓こちらも1日1回ポチッとなしてくれたら感謝感謝です^^
にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
[PR]
by ichinama | 2012-03-25 15:25 | ショップ開業を考える